開発備忘録

WPF(Xaml + C#)の話題を中心に.Net関連についてのブログです。

Visual Studio で便利な拡張機能 その4

Visual Studio であると便利(これがないと生きていけない)拡張機能を紹介します。
ここで紹介する拡張機能は、基本的にVisual Studio 2013/2015 Community 上で使用可能であることを確認しています。

Xaml Style

ダウンロードページ
visualstudiogallery.msdn.microsoft.com

この拡張機能Xaml を一定のルールでフォーマットするためのものです。
Visual StudioXaml エディターは、何もしなければ横方向に延々とプロパティ定義が追加されていきます。
それじゃあ見づらいよね、というときにこの拡張機能の出番です。
使い方は簡単
Xaml エディターで編集した後に[Ctrl + S] で保存すれば、自動的にフォーマットしてくれます。

  • Before

f:id:iyemon018:20160409144729p:plain

  • After

f:id:iyemon018:20160409144735p:plain


フォーマットルールはメニューバー[ツール]-[オプション]-[Xaml Styler] から設定できます。
個人的には、"Keep Binding statements on same line" はTrue に設定しておきたい。
これをTrue にしておくと、バインドオプションのみ1行でフォーマットされます。


XAML Regions

ダウンロードページ
visualstudiogallery.msdn.microsoft.com

この拡張機能Xaml エディターににC# の"region" と同じ機能を使用できるようになります。
region を使用できるという単純な機能では有りますが、結構需要はあるんじゃないでしょうか?
使い方もダウンロードページを参照して見ていただいたほうが早いと思います。