開発備忘録

WPF(Xaml + C#)の話題を中心に.Net関連についてのブログです。

Windows10でエッジ スワイプUI を無効化する方法

teratail にも質問したんですが、
teratail.com
結局回答が無かったので自力で調べました。

エッジ スワイプってなぁにって言うと、タブレットなどでディスプレイの端から中央に向かってスワイプする操作のことです。
以下のページでアクションセンターを表示する例が記載されているのでこちらを見るとわかりやすいかなと。
surface.jp.net

このエッジ スワイプによって表示されるシステムUI のことを"エッジ スワイプUI"と呼ぶらしい(?)です。

今回、タブレットのようにタッチ操作が可能なアプリケーションを作っていました。
フルスクリーンで常に最前面で表示されてほしかったのですが、上記のエッジ スワイプUI が表示されてしまってどうしようかな~?と悩んだ結果質問を投げてみました。

とりあえず、色々調べた結果、以下の方法でエッジ スワイプUI を無効化することができることが分かりました。
winintro.com

一つ注意点として、通常上記の値はレジストリ上にはありません。
多分 HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows に"EdgeUI" が無いと思います。(私の開発PCではありませんでした。)
この値がなければエッジ スワイプUI は有効になります。
つまり、無効化するにはレジストリの値を新規追加する必要があります。
また、レジストリの値の書き換えなので、OSを再起動するまで反映されません。
もとに戻す場合も同様です。

(2017年8月28日追記)
エッジ スワイプUIは、どうやらWindows10 のVer.1511 では無効化できないようです。
現在のところ、Ver.1607/1703 では無効化が可能であることを確認しています。