開発備忘録

WPF(Xaml + C#)の話題を中心に.Net関連についてのブログです。

(Android)ログ出力ライブラリ"Timber"を使ってみる

Androidのログ出力ライブラリ"Timber"でログ出力機能を使ってみたのでメモ。

Timberについて

github.com

APIリファレンスはこちら。
Timber 3.0.1 API

動作環境

パッケージを導入する

  1. [File] - [Project Structure...] からパッケージを追加したいモジュールの[Dependencies]タブを選択する。
  2. 画面右側の[+]をクリック[Library dependency]を選択する。
  3. "com.jakewharton.timber:timber:4.5.1"と入力し、検索する。
  4. "com.jakewharton.timber:timber:4.5.1"を選択して[OK]ボタンをクリックする。
  5. build.grableに以下が追加されていればOK
compile 'com.jakewharton.timber:timber:4.5.1'

Timberを使う

Timberは初期化する際にログ出力機構のTreeを指定します。
以下は予め用意されているデバッグ用のTreeを設定しています。
リリース用のTreeは自前で作成する必要があるようです。

Timber.plant(new DebugTree());

使用する場合は通常のLogクラスと使い方は同じです。


サンプルを作成がてらログ出力機能を作りました。
以下のLoggerクラスはTimberのログ出力機能をラッパーです。
gist.github.com

initializeで初期化しているログTreeは以下のようになっています。
gist.github.com

後はこれを以下の様に使用します。
gist.github.com

これを実行するとLogCatには以下のようなログが出力されます。
f:id:iyemon018:20170912165732p:plain


あとはログの出力先をファイルにするなりクラッシュレポートを送信するなりすると使えそうです。

*1:2017年9月12日時点で最新版です。